×

CATEGORY

HOME»  非必須アミノ酸

非必須アミノ酸

たくさんあるアミノ酸ですが、タンパク質になるのは20種類だけです。

私たちの身体のタンパク質を構成するアミノ酸は全部で20種類あります。
自然界には数多くのアミノ酸が存在しますが、この中のわずか20種類が複雑に組み合わさることによってタンパク質をつくっています。これら20種類のアミノ酸は、体内で合成することができず食事からとる必要がある「必須アミノ酸」と、体内でほかのアミノ酸から合成できる「非必須アミノ酸」に分けられます。最近では、アミノ酸の研究が進み、それぞれ個性のあるはたらきに注目が集まっています。

 タンパク質を構成する20種類のアミノ酸
タンパク質を構成する20種類のアミノ酸

非必須アミノ酸とは

非必須アミノ酸とは、必須アミノ酸と異なり、体内で合成が可能なアミノ酸のことです。人体を構成しているアミノ酸は20種類で、必須アミノ酸は9種類ですので、残りの11種類のアミノ酸が非必須アミノ酸にあたります。

非必須アミノ酸の種類と働き

非必須アミノ酸は人体にとって別の成分から生成することができるアミノ酸ですので、必ずしもそれ自身を摂取する必要はありませんが、人体にとっても有効な効果をもたらす非必須アミノ酸もありますので、ここで紹介しています。

1.アルギニンとは

アルギニンは、子供限定の必須アミノ酸です。大人はアルギニンを体内で合成できますが、子供の場合は必要十分の量を合成できません。成長ホルモンを合成するアミノ酸です。

アルギニンの働き・効果

アルギニンは、成長ホルモンの合成に関与し、体内の活性化、免疫反応の強化などが挙げられます。また、成長ホルモンにより筋肉の強化を促進する効果もあります。
そのほか、食欲抑制剤としても利用されています。

こんな方に

  1. 成長期の子供
  2. 外傷のある方
  3. 筋肉をつけたい方
  4. 精子が少ない男性

2・3.アスパラギン酸、アスパギンとは

アスパラギン酸とは、その名前の通りアスパラガスなどに多く含まれるアミノ酸で、体内で他の栄養素からも作る事ができるので「非必須アミノ酸」です。有害物質を体外に排泄し神経を守る効果があります。

アスパラギン酸の働き・効果

アスパラギン酸は、たんぱく質の合成に使われますが、それ以外にも窒素代謝やエネルギー代謝に関与、またミネラルを運ぶなど、体内で様々な作用を行います。
特に、アスパラギン酸は尿の合成を促進する効果があるため、体内に残ると毒性を発揮するアンモニアを体外に排出して中枢神経を守ります。

スポーツ選手などがよくアスパラギン酸が配合されたスポーツドリンクを摂取してスタミナを増やしたという事例も報告されています。アスパラギン酸が不足すると疲労しやすく様々な外的刺激に対する抵抗力が弱まります。

こんな方に

  1. 疲れやすい方
  2. ストレスを感じている方
  3. スポーツをしている方
  4. 生活習慣病を予防したい方
  5. 新陳代謝をよくしたい方
  6. 病気などの予防の為に抵抗力をつけたい方

4、シスチンとは

シスチンは、硫黄を含むアミノ酸の筆頭で、システインの安定形。必要に応じてそれぞれが転換するので、代謝的には同一とみなされます。他の物質と反応することで解毒作用を発揮します。

シスチンの働き・効果

シスチンには、有害金属や喫煙などで生じる活性酸素から体を守る効果があります。治療目的でシスチンを摂取する場合はX線や放射能の害を防ぐ事でも知られています。また、体内での重要なミネラル分である「イオウ」を含んでいますので、肌や爪、髪に対する健康効果も高いとされています。

こんな方に

  1. システインは、メラニンをつくる酵素チロシナーゼの働きを抑えたい方
  2. シミの気になる方
  3. システインは、爪や髪の毛のタンパク質、をより良くしたい方

5、チロシンとは

チロシンは、必須アミノ酸である「フェニルアラニン」から精製される物質で、神経伝達物質である「アドレナリン」「ノルピネフリン(ノルアドレナリン)」「ドーパミン」を生成するほか、代謝を左右する甲状腺ホルモンやメラニンの材料です。

チロシンの働き・効果

チロシンは神経伝達物質の材料ですので、脳や神経の働きを活発にするとされています。また、代謝を促進するほか、脳機能や行動にも影響を及ぼすと考えられています。
また、チロシンが不足すると、食べ物の代謝異常、脳機能障害などのリスクが高まります。

こんな方に

  1. うつ病の症状の改善
  2. 神経の疲れ、ストレスと認識機能障害
  3. 疲労(慢性疲労症候群を含む)
  4. 記憶力、集中力の欠如の方

6.グルタミンとは

タンパク質を合成するアミノ酸のほかに、遊離アミノ酸という種類のアミノ酸が存在しています。この遊離アミノ酸は、細胞や血液中に存在していて、中でももっとも豊富なのがグルタミンです。

グルタミンの働き、効果

グルタミンは体内で合成されているのですが、ほとんどの細胞で作ることができます。中でも多く作られているのは骨格筋で、次に肺や脳の細胞内でも作られています。
ですが、身体強いストレスにさらされたとき、血中のグルタミン値が下がって不足してきます。不足してくると、働きを助けられている臓器が、今度は不調を起こすことになります。
このような不測がおきた場合、主にグルタミンの生成を行っている骨格筋で迅速に作れない場合は、体外から補給する必要がでてきます。

こんな方に

  1. 良くスポーツをされる方
  2. 免疫機能が低下し風邪などの病気にかかりやすい方

グルコサミンはグルタミンとグルコースがくっついたアミノ糖といわれる糖です。
ヨーロッパでは変型性関節症の医薬品として10年以上使われています。

グルタミン酸は体内で作られる非必須アミノ酸です。脳に必要なアミノ酸ですが、不足する事はまずありえません。化学調味料の旨み成分の一つです。

グルタミン酸の働き・効果

グルタミン酸は体内では脳の機能を妨げるアンモニアを排出する働きがあり、また、アルコール依存症の抑制、ED(インポテンツ)の改善、統合失調症や認知症の治療などにも好結果が見られています。
ただし、化学調味料等で私たちはグルタミン酸を過剰摂取している状態に近いです。グルタミン酸の過剰摂取が続くと神経の高ぶり、神経症、幻覚、手足のしびれなどの症状が報告された例があるように適正量の利用にとどめましょう。

こんな方に

  1. 腫瘍の治療などを受けた方
  2. 脳障害などの治療を受けた方
  3. アルコール依存症の方
  4. スポーツで筋肉作りをされている方

8.グリシンとは

皮膚のたんぱく質であるコラーゲンを構成しているアミノ酸の3分の1がグリシンです。また、グリシンは食べ物にも広く含まれています。グリシンは甘みのあるアミノ酸の一種であり、エビ、カニ類、ホタテなどの魚介類に多く含まれているアミノ酸です。

グリシンの効果、働き

グリシンには,睡眠の質を改善する作用や、抗菌作用、緩衝作用、酸化防止作用などがあります。グリシンは、コラーゲンをつくる原料として不可欠なため、美しい肌を保つのにも役立っています。また、成長ホルモンの分泌を活性化し、新陳代謝を活発にするため、ダイエットにもよいとされています。

こんな方に

  1. 快適な睡眠を望む方。
  2. ハリのある美しい肌を作ります。

睡眠の調整に大きく関係していると言われているグリシンは、就寝前に摂取することで、自然な深い眠りを得ることができ、朝の目覚めがスッキリすると言われています。
グリシンは、体内でコラーゲンを生成する際に、欠かすことのできないアミノ酸です。
また、水分保持能力に優れ、抗菌作用もありますので、化粧品にも配合されています。

9.アラニンとは

アラニンとは、糖質代謝に重要な関連を持つ必須アミノ酸です。
アラニンは、アルコールの代謝を促進し、肝機能を保護し、脂肪分解酵素を活性化するといわれています。

また、アラニンは角質に含まれている天然の保湿成分のひとつ。アラニンは天然保湿成分としてサプリメントや化粧品にも配合されています。 不足してはならないアミノ酸のひとつです。

アラニンの効果、働き

アラニンは、必須アミノ酸なのですが、脂肪分解酵素リパーゼを活性化させる効果があります。
アラニンには、アセトアルデヒドから化学的に合成されたDL-アラニンとタンパク質を加水分解して得られたL-アラニンというのがあります。
アラニンは、肝臓で筋肉にエネルギーを与える、スタミナとなるブドウ糖の生産を促す働きをしています。
アラニンは、アルコールの代謝を促進して、肝機能を保護し、血糖値を下げるインスリンの分泌を促し、脂肪の分解酵素を活性化するといわれていて、サプリメントや食品の添加物として、栄養強化剤や調味料としても使われています。
アラニンは、ダイエットやスポーツに、不足してはならないアミノ酸のひとつなのです。

こんな方に

  1. 良くお酒を飲まれる方
  2. ダイエットをされている方
  3. 血糖値の高い方

睡眠の調整に大きく関係していると言われているグリシンは、就寝前に摂取することで、自然な深い眠りを得ることができ、朝の目覚めがスッキリすると言われています。
グリシンは、体内でコラーゲンを生成する際に、欠かすことのできないアミノ酸です。
また、水分保持能力に優れ、抗菌作用もありますので、化粧品にも配合されています。

10.セリンとは

セリンとは、体内で合成可能な肌の水分量を保つために必要な保湿成分の一種の非必須アミノ酸です。また、細胞膜を構成するリン脂質のホスファチジルセリンの構成成分としても重要です。
セリンは体内では、システインに変換され、皮膚や毛髪・爪に必要なアミノ酸として美肌や健康な髪の原料になります。

セリンの効果、働き

セリンは、神経伝達物質のアセチルコリンをつくりだすのに重要な役割を果たす。セリンは、本来、必須アミノ酸のスレオニン(トレオニン)があれば、体内で合成できるアミノ酸である。
セリンの効果用途セリンは体内では、さらにシステインに変換される。システインは、皮膚や毛髪・爪に必要なアミノ酸として知られているので、セリンは美肌や健康な髪の原料になり、NMFの一つである。セリンを補う為のサプリメントもある。例えば大豆セリンなどがある。フォスファチジルセリンはセリンというアミノ酸とリン酸、脂肪酸などが結合したリン酸脂質で、体内でセリンになる。化粧品に使うセリンは、保湿成分であり、絹表面のゼラチン状タンパク質より抽出されたエキスから、得られる結晶物質である。

こんな方に

  1. 肌の老化防止、いつまでも美しい肌を望まれる方
  2. 神経機能補助

11.プロリンとは

プロリンは、皮膚の表皮や真皮の細胞ひとつひとつをくっつける働きがあるため、プロリンは健康な肌を保つために重要な成分である。赤ちゃんの肌がプルプルなのはこのプロリンが豊富なため。
プロリンは、他の多くのアミノ酸と同様に、脂肪の燃焼にも関わっているため、ダイエット用(アミノ酸ダイエット)のサプリメントにも含まれることが多い。
年齢と共にプロリンは減少していく。

プロリンの効果、働き

プロリンとは、アミノ酸のひとつでダイエット効果があるアミノ酸として知られています。
プロリンは、表皮細胞増殖促進活性、コラーゲン合成促進活性、角質層保湿作用などの生理活性を示し、一度破壊されたコラーゲンを修復する力をもつアミノ酸なのです。
プロリンは、体の結合組織や心筋の合成時の主な材料でもあるのです。
プロリンは、皮膚の表皮や真皮の細胞ひとつひとつをつなげる働きがあるため、健康的なお肌を保つために重要な成分でもあるのです。
プロリンが豊富な赤ちゃんのお肌がプルプルなのは、プロリンが豊富なためなのです。
プロリンは、他の多くのアミノ酸と同様に、脂肪の燃焼にも関わっているため、ダイエット用のサプリメントにも含まれていることがあります。

こんな方に

  1. 肌アレ、シミ予防に
  2. ダイエットをされている方

CONTENTS

CATEGORY