×

CATEGORY

HOME»  コラーゲン

コラーゲン

コラーゲンは、たんぱく質の一種で、身体の皮膚や筋肉・内臓・骨・関節・目・髪等あらゆる全身の組織に含まれており、主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしています。
 
たんぱく質は、多くの食品にも含まれる栄養素として、その名は誰もが知っているものですが、その正体はアミノ酸が多数結合してできたものです。
そのアミノ酸には基本的に必須アミノ酸9種
※注1と非必須アミノ酸11種の計20種が存在し※注2、その種類や数、結合の順序によって、膨大な種類のたんぱく質が生成されます。


 
 

その数は生体内において約10万種類も存在するといわれ、ひとえにたんぱく質といってもこれだけ多くの種類があり、その機能も様々です。
 
コラーゲンはそのたんぱく質の代表とも言えるものであり、約10万種ある生体内のたんぱく質のうちの、実に
約30%はコラーゲンが占めており、それだけ人間の身体にとって大きな存在であることがわかります。

 
  
コラーゲン=たんぱく質=アミノ酸が多数結合したもの


※注1:生体内で合成できず、食物として摂取する必要があるアミノ酸を必須アミノ酸と言い、フェニルアラニン・トリプトファン・リシン・スレオニン・バリン・イソロイシン・ロイシン・メチオニンの8種に、ヒスチジン(幼児にとって必須)を足した計9種のアミノ酸を指します。

※注2:遺伝子によってコードされているアミノ酸の数が20種類です。

 

CONTENTS

CATEGORY