×

CATEGORY

HOME»  酵素とは何でしょう?

酵素とは何でしょう?

酵素とは何でしょう。

 

酵素ときくと、洗剤を思い浮かべる方が多いようです。

酵素は洗剤だけではなく、色々な酵素があり

「生命活動をしている物には必ずある物質です」

酵素は、ほぼ「タンパク質」からできています。

現在、約4000の酵素に名前が付けられて登録されています。

アミラーゼ、ペプシンなど聞いたことありませんか。

 

生物は酵素がなければ生きられないのです。

生命のあるところには必ず酵素があります。 

私達は酵素を体内で作っていますが、

それには限りがあるということが解ったのです

 

生物の二大要素は、遺伝子を次の世代に伝えて子孫を残す「遺伝」と、

外から摂取した色々な物を素材とし、自分の体を作ったり

活動のエネルギーを得る「代謝」とがあります。

遺伝での主役は「DNA」で、代謝の主役は「酵素」です。

 

酵素は、

多種類のものが人間を始めあらゆる生物の体内にあって、

すべての生命活動に深く関わっています。

 

私たちの体にはたくさんの酵素があり、成長、活動、生殖などに必要です。

胃腸などの消化器、肝臓、腎臓、肺、筋肉、血液、脳、あらゆる組織にそれぞれの働きに必要な色々な酵素が含まれています。

 

例えば、私達はご飯を食べるとアミラーゼという酵素によってご飯が消化され、

栄養として吸収されます。

*このように食べたものを消化する酵素を「消化酵素」といいます。

 

また、呼吸をしたり運動をしたり、細胞分裂をしたり、ケガを治したりする酵素があります。 

*このように体の新陳代謝を司っている酵素を「代謝酵素」といいます。

 

私たち人間には、大まかにいうとこの二つの酵素があります。 

どちらも「潜在酵素」という体の中に備わっている酵素の元から作られているそうです。 

*食物には「食物酵素」があります。

 

 さて、この酵素ですが使うとなくなる消耗品なのです。貯金と同じように、どんどん使ってしまうと無くなってしまうのです。

どんどん使い続けて行けば、やがて病気になったり、寿命がつきてしまいます。 

 

体から酵素がなくなると命もつきます。 

健康のポイントは酵素ともいえます。

体内に酵素が多い人は、元気です。

 

食べ過ぎて「消化酵素」として潜在酵素を使ってしまうと、

その分「代謝酵素」に回される量が少なくなるので、

病気が治りにくくなるということです。 

 

生物は酵素がなければ生きてゆけないのです。まず酵素ありきということです。

生物は生きて行くために必要なものを取り込み、それを分解したり合成したり、調節したり、不要になったものを外に出したりと、体の中で色々な化学反応を絶えず行っています。

こういったすべての反応を酵素が司っています。 

生きる、という生命活動はさまざまな反応の組み合わせです。 

生物の体温は低いので反応速度が遅くなり、反応が起こりにくいのですが、酵素はそれらの反応をスピーディーに行う触媒で、生体内で特定の反応を驚異の速さで進めます。

触媒とは、化学反応をスムーズに行う物質で、反応の前と後では自分自身は変化しません。

 

★酵素反応を「結婚」にたとえると、酵素は仲人さん。 

結婚という反応をスムーズに進めます。 

結婚適齢期の男女がいても、出会いがなければ結婚できません

仲人さんがお似合いの二人を引き合わせてくれ、めでたく結婚が成立します。

夫婦げんかをしたときには仲裁をしてくれます。

そして仲人さんは、また次の二人を結婚に導きます。

 

食べ物を食べても、

そこに消化酵素がなければ栄養になりません。

*デンプンはアミラーゼという酵素によって消化されます。

1gでデンプン5トンを15分で溶かしてしまいます。

 

*タンパク質はペプシンという酵素で、消化されます。

1gで牛乳2000リットルのタンパク質を15分で溶かします。

 

*脂肪はリパーゼで消化されます。

こうやって食べたものは、消化酵素により消化され、栄養として吸収されて行きます。

 

お酒を飲めば酔いますよね、 でもやがてさめますね。

これはアルコールを酵素が分解してくれるからです。

オーストラリアの原住民アボリジニはアルコール分解酵素を持たない人種です、

だからお酒を飲むといつまでも酔っぱらっているそうです。

 
*日本人の約4%の人がお酒を全く飲めないそうです、このアルコール分解酵素によって飲める飲めないが決まります。

飲めない人に無理に勧めないようにしましょう。

また女性ホルモンがアルコール分解酵素の活性を抑制するので女性の方がアルコールの処理能力が低いそうです。

飲み過ぎると酵素がグッと減って行きます。 

 

 

《さまざまな酵素の例》 

 

 

蛍のお尻が光るのは、酵素(ルシフェラーゼ)の働きによるものです。 

 

 

活性酸素を除去してくれます。 

 

SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)がそうです。この酵素は40歳を過ぎると急激に減少するそうです。 

 

 

「そんなケガ、ツバつけておけば平気だよ」とよく言いませんか? 

 

これは正解で唾液の中には酵素があります。 

 

 例えば、人の唾液、涙、鼻汁にはリゾチームという酵素が含まれています。私たちの体の外から侵入する細菌から守ってくれる酵素です。 

 

リゾチームは鶏卵の白身にもっとも多く含まれていて、殻から卵の内部への菌の侵入を防いでいます。 

 

 

*切り傷に卵の白身や薄皮をつけると早く良くなりますが、昔の人は経験的に解っていたのですね。 

 

*親戚のおばあちゃんは「私は母親にたんこぶができたらツバをつけとくと良くなるよ、と教わってそうしていました、これがよく効いたんだよ」といっていました。 

 

 

 

かぜ薬の箱の裏をみるとリゾチームという成分が書いてあります。 

 

 

胃腸薬にはほとんどのものに酵素が使われています。 

 

 

生命の誕生、受精も酵素が働いています 

 

精子の先端から酵素が放出され、その働きで精子は卵子の中に入ることができます。(卵の膜は2つあるので、2つの酵素が放出されます) 

 

そして1個の精子が卵子の中に入ると、酵素が活性化され卵細胞の表面に受精膜ができ、受精膜ができるとほかの精子は卵細胞の中にはいることができなくなります。生命のスタートは酵素で始まる!といって良いでしょう。 

 

 

ケガをして血が出るとやがて止まりますが、血小板が仮補修をして酵素がキッチリ止血します。 

 

 

紫外線による日焼け。これも酵素の作用によるものです。 

 

 

肝臓の検査をすると 

 

GOT,GPTという項目がありますねGOTはグルタミン酸ーオキザロ酢酸トランスアミナーゼという酵素、GPTはグルタミン酸ーピルビン酸トランスアミナーゼという酵素で検査に用いられています。 

 

 

女性の子宮は妊娠すると大きくなりますが、出産すると10日ほどで もとの大きさに戻ります。これも酵素の作用によります。 

 

 

発酵食品の、お味噌、醤油、お酒、ビール、ワインなども酵素反応によって作られています。 

 

 

脳の中には、脳内酵素(ネプリライシン)があり、

この酵素が少なくなると記憶障害が起こることが解っているそうです。

マウスの実験では運動すると増えるそうです。 

 

 

農薬分解酵素。大麦若葉、アスパラガスには

農薬を分解する酵素が発見されています。 

 

CONTENTS

CATEGORY