×

CATEGORY

HOME»  ミネラルとは

ミネラルとは

ミネラルとは

 

ミネラル(無機質)は私たちの体の中で骨や歯の形成、神経伝達、体内のイオンの調節など、とても重要な働きをします。

ミネラルが不足すると、当然欠乏症が起こります。しかし、多く摂取すればいいというわけではありません。過剰摂取によるミネラルの過剰症も存在します。
                                    
ミネラルとは直訳すると「鉱物」のことですが、一般には私たちの身体を構成する元素(=生体元素、生命活動に必要な元素)のことをいいます。

 

 地球上には約100種類の元素があり、身体の約96%は炭素・窒素・水素・酸素の4元素(有機物の構成要素)で構成されていますが、その4元素以外の全ての生体元素を総称してミネラル(無機物、微量元素)と呼んでいます。私たちの身体を構成する細胞も多種類のミネラルで構成され、代謝活動でも中心的な働きをしています。

 

ミネラルの概要

 

1)ミネラルは身体に必要な5大栄養素の一つ

身体に必要な5大栄養素

(1) タンパク質

(アミノ酸)

 ⇒欠乏すると新陳代謝低下!

 ⇒長期欠乏は病気を招くことも!
(2) 脂質
(3) 炭水化物(糖質)
(4) ビタミン
(5) ミネラル

 

 私たちの身体を正常に維持していくためには、5大栄養素をバランスよく摂取する必要があります。


体を構成しエネルギー源となる「タンパク質」「脂肪」「炭水化物」の3大栄養素に、身体の機能維持や調整・抵抗力をつける「ビタミン」「ミネラル」を加えた5大栄養素です。

 そして、ミネラルは体内で作り出す(合成する)ことができないので、当然食べ物や飲み物から摂取しなければなりません。 

CONTENTS

CATEGORY